バーゼルワールド2019 現地で感じた今年のバーゼル10傑

 今年も弊社スタッフが現地に赴き、レポートさせていただいたバーゼルワールド2019。
オメガやブレゲ属するスウォッチグループが脱退したことで勢いの衰えや来場者数の減少などが取沙汰されておりましたが、例年通りの盛り上がり―あるいはそれ以上のパッション―があったように感じます。
と言うのも、多くの人気ブランドから目玉商品がやたら打ち出されており、非常に密度の濃い新作見本市であったためです。そんな中でも2019年、特に話題をさらいそうな注目株10傑を選定してみました!
どの新作も素晴らしさに甲乙つけがたいものがありますが、現地でスタッフ一同が感じたモデルをピックアップ。ロレックススーパーコピー、パテックフィリップ、チューダーにグランドセイコー・・・
2019年、一番熱いモデルはこれだ!! 目次出典:https://www.rolex.com/ja 例年バーゼルワールドの顔を張るブランドと言えばロレックススーパーコピー。
今年も開催前から新作への予測、あるいは憶測が飛び交い、時計業界人や愛好家たちをヤキモキさせていましたね。
実際会場内でもロレックススーパーコピーのブースは常に混雑しており、その注目度の高さを改めて感じました。バーゼルワールド2019における10傑の第一に挙げたいのが、こちらのヨットマスター42。Ref.226659です。
開催の数日前から公式HPの前宣伝として、シークレッド動画が流れていた新作でもあります。ヨットマスターはマリン系ロレックススーパーコピーですが、サブマリーナやシードゥエラーなどのダイバーズウォッチとは一線を画します。
ダイビングのような本格スポーツではなく、ヨットクルージングを優雅に楽しむ、といったコンセプトの、言わばスポーツ・ラグジュアリー・ロレックススーパーコピーです。
従来はケースサイズ40mmと37mmがラインナップされていましたが、この度42mmにアップサイジングされて2019年新作として打ち出されました。  新サイズが出たこともかなりドラスティックな変化と言えますが、特筆すべきはこの顔!
マットブラックセラミックの回転ベゼルに黒文字盤、そしてブラックラバー(オイスターフレックス)と、これまでのヨットマスターにはなかった渋いデザインに仕上がります。
どちらかと言えば、サブマリーナのようにスポーティーなテイストが強いですよね。
しかしながら、実はケースはオールホワイトゴールド製。ヨットマスターはSS×ゴールドのコンビモデルも存在しますが、こちらは金無垢。つまりハイエンドモデルの立ち位置です。パッと見ではホワイトゴールドには思えない、良い意味で肩すかしされた印象を覚えました。現在ロレックススーパーコピーは相場が非常に急騰していますが、主にステンレスモデルでその傾向で顕著です。
しかしながら新作ヨットマスターはイエローゴールドなど「いかにも金!」といったデザインではないためビジネスでも使えること。加えてヨットマスター40 Ref.116655などに使用され、高い評価を得たオイスターフレックスを使用していることから、ホワイトゴールド製デイトナ 116519LNのような超人気モデルとなるかもしれません。  速報!バーゼルワールド2019 ロレックススーパーコピー新作モデルを発表!ロレックススーパーコピー ヨットマスターを持っているなら知っておかなければいけないこと  出典:https://www.patek.com ロレックススーパーコピーと並んで常にブースが混雑していただけでなく、バーゼルワールド2019の中で「新機構」「革新」「刷新」という言葉が付きまとっていたのがパテックフィリップです。
言わずと知れた創業180年の老舗で、時計界の最高峰の名を欲しいままにしてきました。2019年に入ってからは「買収」の噂が流れ、パテックフィリップ自身が沈黙していたことから真偽がそこかしこで囁かれましたが、バーゼルワールド2019の開催とともにその噂を一蹴。
むしろ、パテクフィリップの真骨頂を見せつけるかのような力強い新作を続々と打ち出してきました。ノーチラスおよびアクアテラといった、定番スポーツラインを代表するこの二つからラインナップされた新作も見事ですが、第一声に挙げたいのはこちらのトラベルタイムです。
見た目のカジュアルさに反して、超絶技法が駆使されたグランドコンプリケーションモデルです。 出典:https://www.patek.com パイロットウォッチと言えばIWCやブライトリングを思い浮かべるかもしれませんが、実はパテックフィリップもまた「空」に関する機構には一家言持ちます。
と言うのも、パイロットウォッチの代表的な機能としてGMTがありますが、同社は1959年にこの機構を搭載したモデルを発表しています。
ちなみにロレックススーパーコピーのGMTマスターは1955年頃。やや後輩となりますが、同世代と言っていいでしょう。
さらに言うと、1996年に「トラベルタイム」としてリリースした新GMT機能は、これまでのGMTの煩雑さや操作性の悪さを解決したとして高い評価を得ています。このように、パイロットウォッチに関しても実力と実績を持っているため、初出の1959年からちょうど60年あたる節目の今年に記念モデルが発表された形です。デザインは2015年にカラトラバとして発売されたRef.5524Gを踏襲しています。
そのため、ただ5524Gにただアラーム機構を搭載しただけかと思いました。もちろんそれだけでもすごいことですが・・・ 2015年に発表されたカラトラバ トラベルタイム Ref.5524G パテックフィリップは、今回の新作を「カラトラバ」ではなく「グランドコンプリケーション」として打ち出しました。
ケースをホワイトゴールドからプラチナ製に替え、さらにアラーム機構を搭載しているのですが、アラーム予約時刻を12時位置の窓で表示できるようになっているのです。
アラームは数ある複雑機構の中でも非常に難易度の高い技です。そんな機構とトラベルタイムを組み合わせ、しかもケース厚をわずか11.6mmに抑えています。
成熟していると思われたパテックフィリップの超絶技法に、まだ進化の余地があり、かつそれを実現してみせたことに驚きを禁じえません。最近パテックフィリップは自社工場を新たに建設中と言います。
製造数が大幅に増える、といったことはパテックフィリップの戦略的には考えづらいので、さらに生産ラインを強固にし、上記のような複雑機構を続々打ち出してくるのではないでしょうか。
2019年もパテックフィリップの動向に目が離せません。  速報!バーゼルワールド2019 パテックフィリップ新作モデルを発表!パテックフィリップ 5524G パイロットトラベルタイムを徹底解説  出典:https://www.instagram.com/breitling_japan/ 三本目に名前を挙げたいのが、ブライトリングです。
2017年、これまで独立を守ってきた同社がイギリスの投資ファンドに買収され、新CEOとしてジョージ・カーン氏が就任しました。
ジョージ・カーン氏はリシュモングループ傘下のIWCで14年にわたりトップを務めてきた凄腕です。現在の国際市場で戦えるIWCの礎を築いたカリスマとして高い評価を得てきました。
そんなジョージ・カーン氏が打ち出す2018年の中で最もセンセーショナルであったのが航空用回転計算尺を取り払ったナビタイマー8です。
賛否両論あったものの、なんだかんだ定番化。従来デザインのナビタイマーも残ったので、むしろ上手にすみ分けできました。そしてバーゼルワールド2019(正確にはプレリリース)にて、ナビタイマー8の新ヴァージョンが新たに発表されました!
その名も、アビエイター8です。
ブライトリングのブース内でも非常に大きなスペースを占めており、同社の意気込みを感じます。 ※アビエイター8の展示。左の戦闘機がウォーホーク Aviationとは「航空」という英語ですので、よりパイロットウォッチのテイストを強めたシリーズとなります。
また、2018年発表のナビタイマー8の「8」とは、ブライトリングが軍民両用のパイロットウォッチや飛行計器を製造するための部門として1938年に設立したユイット・アビエーションにちなむため、ブライトリングの航空分野での歴史をより強調する名称と言えるでしょう。そんなアビエイター8第一弾は、カーチス・ライト社開発の、戦闘機P-40。第二次世界大戦下に主に使用されたウォーホークへのオマージュでとなります。
P-40と言えばサメの大きく鋭い口を機体に描いていたことでも有名で、実用性が高く大量生産に向いていたことから、アメリカ始め連合国軍に加盟する各国で使用された戦闘機として有名ですね。今回新作は三つラインナップされ、注目度の高さで言えば自社製ムーブメントB01搭載モデルかもしれません。
しかしながら、あえてシンプルかつ控えめな3針+デイトモデル推しでいきたいな、と思います。
2019年のトレンドカラーであるカーキグリーンを文字盤&ストラップに使用し、ミリタリー感抜群。小径ケースでシンプル機能であるからこそ王道ヴィンテージが引き立つと言うもの。  なお、ブライトリングもまた今回のアビエイターの他、羽ロゴ復刻の手巻きナビタイマーとか、3針ナビタイマー1ですとか、本当に魅力的なモデルが豊作です。賛否両論があるということは、それだけ注目度が高いということ!
ブライトリングは2019年も、多くの人々の耳目を集めることでしょう。  速報!バーゼルワールド2019 ブライトリング新作モデルを発表!ブライトリング ナビタイマー各モデルの違いを比較検証してみました。  出典:https://www.hodinkee.com/articles/chanel-j12-2019-introducing シャネルは、実はバーゼルワールド会場内では一般来場者は実機を見ることができません。
と言うのも、展示ブースにはブレスレット,ケース,ベゼル,針そしてムーブメントといったバラバラのパーツのみをディスプレイ。そして、商談スペースにて、実機が見れる、といった具合です。
この展示方法が非常に印象的だな、とまず思いました。そしてもちろん、新作のインパクトも絶大!
と言うのも、シャネルにおなじみのJ12に、あのケニッシ社のムーブメントを搭載し、しかもこれまでなかったシースルーバックを採用しているのです。 出典:https://www.chanel.com/ja_JP/watches-jewelry/watches/the-watch-j12 ケニッシとは、スイス ジュネーブに本拠を置く高級腕時計の部品メーカーです。
そして、チューダーにパーツを供給し、ムーブメントを共同開発しています。現在スイスのル・ロックルにあるロレックススーパーコピー本社の所有地に共同工房を建設中でもあります。そんなケニッシをシャネルが株式取得した、というニュースがはしったのは2018年でした。
株式取得したと言っても、全部ではありません。20%程度です。
もともとチューダーはブライトリングとムーブメントを提供しあっていた経緯があるため、協力会社に他社資本が入ったとしても大きな問題になることはありません。しかしながらチューダーで定評のある高性能ムーブメントをシャネル J12でも味わえるとあっては、時計愛好家は黙っていられませんね。実際、外装面ではほとんど変わりがないのに、ケニッシ/シャネル開発の自動巻きムーブメントCa.12.1はパワーリザーブを従来のものより約2倍の70時間に、そしてCOSC認定として打ち出されました。
何より、これまでステンレス製ケースバックであったため、シースルーでムーブメントを味わえるのは嬉しいですね。予価5700ドルと、従来のJ12と大きな差がないのも嬉しいところ。
シャネラーのみならず、時計愛好家をも購入層に引き込むことでしょう。 速報!バーゼルワールド2019 シャネル新作モデルを発表!ケニッシの株式取得によってシャネルが打ち出したJ12 2019年の新作とは?  出典:https://www.instagram.com/tudorwatch/ バーゼルワールド2019において、初見でのインパクトが最大級であったのがこちらのチューダー新作です。
別に4時位置リューズは珍しくありません。セイコーとか、ジンとかにも見られる仕様ですよね。
ただ、4時位置リューズから続くラグとベゼルロック、そしてエンドピースを一体化させることによってアシンメトリーの、独創的なフォルムを形成しています。これは今回初めて採用されたデザインではありません。
1968年、アメリカ海軍の海洋調査および実験時に使う時計として提供されたハイスペックダイバーズウォッチの復刻です。
定番化はしなかったものの、その後のチューダーのタフウォッチの礎を築いた歴史的なモデルとして、「最初のプロトタイプ(ひな形)」を意味するP01の命名を受け、現代に復活を果たしました。 出典:https://www.tudorwatch.com/ja※アメリカ海軍に提供されたファーストモデル ファーストモデルを見ていただくとおわかりいただけるでしょうが、ケースの形状など忠実に再現されていて、とても良い雰囲気です。
また、50年の時を経て定番化されたというこのロマン・・・ミリタリー好きの多い男性にとってはたまりませんよね。当時のコードネームの「コマンドー」と言う愛称で呼ばれるのでしょうか。なお、内部機構やディテールはチューダーの最先端技術が駆使されております。
例えば内部のムーブメントは従来のブラックベイでもおなじみのCOSC認定自社製MT5612。復刻と言えど、時計としては最先端と言えますね。チューダーは昨年日本上陸を果たし、国内での注目度がますます高まっています。
ブラックベイのGMTやフィフティエイトなど、現行品の中で既にプレミア化を遂げているモデルもあります。
このP01もそんな大人気チューダーとなる予兆を感じさせるバーゼルワールドでした。 速報!バーゼルワールド2019 チューダー新作モデルを発表!チューダー(チュードル)ってどんなブランド?その魅力を調べてみた!   出典:https://www.rolex.com/ja 「やはり」という感はありますが、ついに変わったGMTマスターIIの青黒ベゼル―通称バットマン。
一本目のヨットマスター42でもお話したようにロレックススーパーコピーのブースは常に人で溢れ返っていましたが、こちらの新GMTマスターIIは特に注目されていました。基本デザインは従来の116710BLNRと大きくは変わりません。 昨年ペプシモデルでレギュラーとして初登場した126710BLRO同様に、ジュビリーブレスレットを搭載させてきました。
ジュビリーブレスレットはもともとデイトジャストやデイデイトなどドレス系ロレックススーパーコピーに使用されてきたブレスレットタイプで、スポーツロレックススーパーコピーにはあまり使われてきませんでした。GMTマスターII 126710BLROに搭載されたことは賛否両論あるかと思いきや、これが「カッコイイ!」と大評判に。
実際、「オシャレ」といった声を頂くことが多いです。
堅牢性ではオイスターブレスレットに劣るものの着け心地は大変すばらしく、スポーツロレックススーパーコピーが一気にドレッシーに仕上がります。 出典:https://www.rolex.com/ja また、近年ロレックススーパーコピーが開発に力を入れる新世代ムーブメントCal.3285を搭載。
従来のCal.3186と比べて正確性・耐衝撃性・耐磁性・エネルギー効率が上がったことはもちろん、パワーリザーブを従来の48時間から70時間と、約1日分の大幅延長。
非常に大きなアップデートが加えられています。このように、大半のロレックススーパーコピーファンの予想通りと言うべきか、順当な、しかしより完成された新作となりました。ただ、黒ベゼルの116710LNが展示にありませんでした。ロレックススーパーコピーのホームページにも載っていないので生産終了かもしれません。日本ロレックススーパーコピーに問い合わせたところ、「わからない」とのこと・・・
もし生産終了なら、3列ブレスレットのGMTマスターIIは姿を消した、ということでしょうか。
ビジネスで使いやすい最もオーソドックスなモデルがなくなったと考えるのは悲しいです。サブマリーナなどとすみ分けするのかもしれませんが、GMT針の緑のアクセントとか、ロゴがシンプルながらオシャレでよかったのに・・・なお、ロレックススーパーコピーは生産終了がダイレクトに相場に反映してきます。
2019年もロレックススーパーコピー市場は高騰の年になりそうです。 ロレックススーパーコピー GMTマスターII 今買うならどのモデル?  出典:https://www.instagram.com/bulgariofficial/ バーゼルワールドの正門をくぐると、最初に目についたのがタグホイヤー、そしてこちらのブルガリです。
各ブランド様々な趣向をこらしたブースが印象的でしたが、ブルガリはなんと全体をセルペンティのモチーフとした造りでした。
初見では分からなかったですが、全体をみてようやく気づきました。ちょっとわかりづらいかもしれませんが、セルペンティ―神秘の蛇―のうろこを模したブレスレットのコマが本当にブースをまとわりつく蛇のようで、気づいた時には感嘆の声をあげてしまったものです。
東京 銀座のブルガリブティックでも例年イルミネーションでセルペンティを楽しませてくれますが、会場内でお披露目するとは思いもよりませんでした。  このことからわかるように、セルペンティはブルガリの主力商品です。
確かにブルガリブルガリが一番人気ですが、蛇はブルガリにとって伝統的に重要なモチーフとして語り継がれてきた経緯があります。
セルペンティは「英知」「生命力」「永遠」を意味し、ブルガリにおいては「永続的な創造性」「現代的な魅力」を表現しているとのこと。ブルガリブルガリが同社のフラグシップだとしたら、セルペンティはブランドシンボルと言えるでしょう。 出典:https://www.instagram.com/bulgariofficial/ 今回の新作はゴールドの輝きを持つ妖艶な一本。
芸術・建築・文化各方面で世界の中心であり続けたイタリア ローマに本社を置くブルガリらしい、ラグジュアリーかつハイセンスな印象ですね。なお、新作「セルペンティ セドゥットーリ」はセルペンティシリーズでは最薄の設計が特徴です。
クォーツ搭載ということもありますが、ブルガリのジュエリー製造で培った高い設計力と技術力で実現できた仕様です。
それでいて30mと日常生活用防水を備えているのは嬉しいところ。ちなみにセドゥットーリはイタリア語で「誘惑」。どのブランドのどのドレスウォッチとも違った、官能的な新作となりました。 速報!バーゼルワールド2019 ブルガリ新作モデルを発表!全ての大人女子に捧げたい。人気レディースブルガリ時計14選  出典:https://inventor.zenith-watches.com/en/ 2017年発表、ゼニスの「デファイ ラボ」が起こした機械式時計の第一次革命。それはオシレーターでした。
オシレーターとは発振器のことで、調速脱進機を構成するパーツ―バランスホイール、テンプ、レバーといった機構―を単一のシリコンコンポーネントで一体成型したものです。
15ヘルツ(従来のエルプリメロは5ヘルツ)という考えられない周波数での振動が可能となり、結果としてクォーツに匹敵する高精度を獲得。それでいて従来より10%アップしたロングパワーリザーブ約60時間を誇るのです。
さらに、従来のスイスレバー式で長年の課題であった姿勢差誤差や脱進機誤差、温度係数(温度変化に伴う感度への影響)を克服したと話題になりました。しかしこの革命の難点は、「量産」が難しかったこと。
実際2017年のデファイ ラボはわずか10個の製造に留まりました。そして2019年、第二次革命としてこのデファイ ラボを「デファイ インベンター」に名前を変え、量産化を成功させました(ただし数百台、とメーカーでは予想)。
しかも、さらに機能をアップデートさせて。  なんと、周波数を18ヘルツ(129,600振動/秒)という超高周波に設定したのです。
このハイスペック化を実現するため、ガンギ車の構成を再検討し、より動作の安全性や孤立性を重視した柔軟な歯を有した素材を採用しました。  また、デザインも微細ながら進化しており、44mm径のケースには軽量素材であるチタン、ベゼルにはゼニス独自の素材アエロナイト、スケルトン文字盤からは近未来的な単結晶シリコンインデックスを眺めることが可能です。ゼニスのデファイ インベンターの打ち出しは本当に強く、同社の自負のようなものが感じられます。
ブースに時計の映像が映し出され、また展示にも露出が非常に多かったです。個人的には機構のすばらしさはもちろんビジュアル的にもとにかくカッコ良く、素直に欲しいと感じる新作でした。 関連記事速報!バーゼルワールド2019 ゼニス新作モデルを発表!  出典:https://www.grand-seiko.com/jp-ja ゼニスのデファイも素晴らしい機構ですが、それよりもはるか昔に機械式時計に革命を起こしていたブランドが存在します。
それは、日本時計界の獅子・グランドセイコーです。動力源をゼンマイとしつつも、制御をクォーツと同様に水晶振動子及び電子回路で行っているという、機械式×クォーツのハイブリットを生み出した同ブランド。
その機構の名は、スプリングドライブです。
2019年はスプリングドライブ20周年ということで、様々な記念モデルが発表されていました。エレガンスコレクションから出た手巻きスプリングドライブも圧巻の風格でしたが、最も印象的だったのがこちらのレッドゴールド製スプリングドライブ スポーツコレクションです。
スポーツコレクション自体はもともとグランドセイコーのレギュラーラインです。しかしながら、ケースフォルムや文字盤デザインが再構築されているのです。  通常のスポーツコレクションに比べて、エッジが効いているな、とパッと見て思いました。
それもそのはず、グランドセイコーのブランドシンボルである「獅子」そインスパイアしており、力強い獅子の爪や牙を感じさせるダイナミックなケースです。
特にラグがエッジを際立たせており、44.5mmというケースと併せて本当にダイナミック。
それをローズゴールド製ケースで再現したこと、およびグランドセイコー十八番のザラツ研磨を施したことで、20周年記念モデルにふさわしい美しさやエレガンスをも感じさせます。もちろん搭載するムーブメントも目を見張るものです。
グランドセイコーきってのコンプリケーション・9R96で、クロノグラフとGMT機能が備わります。
今回新設計されたものではありませんが、2015年、ブランド創設55周年を祝して特別調整のうえ発表された、特別な機械であることに違いありません。 出典:https://www.grand-seiko.com/jp-ja 従来のクォーツでは難しかったコンプリケーションを搭載しているのにクォーツと同程度の精度が嬉しいポイントですね。グランドセイコーは2017年、母体のセイコー社から独立し、独自ブランドとして発足しました。
以来、国内外で確固たる地位を築いており、ロレックススーパーコピーやオメガといった他の有名時計ブランドと遜色ない人気と勢いを誇ります。今回のバーゼルワールドで、グランドセイコーは2019年、またファンを増やすであろうことを確信しました。 速報!バーゼルワールド2019 セイコー新作モデルを発表!地味?質実剛健?グランドセイコーの世界を語る  出典:https://www.patek.com 最後にご紹介したいのは、やはりバーゼルワールド2019で特に人々を沸かせていたパテックフィリップです。
シンプルながら、アクアノートの新作を挙げさせていただきます。ブライトリングのアビエイター8もそうでしたが、カーキグリーンのかっこいいこと!
また、パテックフィリップらしからぬ配色が逆に斬新で鮮烈で、バーゼルワールド2019の中で最も印象に強く残ったように思います。とはいえ、実は2015年にも同色のアクアノートが出ていました。
でも、それはエクストララージサイズ。40.8mmケースです。
今回はその上に42.2mmのジャンボアクアノートでラインナップされた形となりました。この存在感の大きさが、また違った印象を持たせますね。また、2015年はSSモデルでしたが、今作はオールホワイトゴールド製となります。 出典:https://www.patek.com 一番最初にご紹介したロレックススーパーコピーのヨットマスター42と同じように、スポーティーなのに実は金無垢モデルというのが心憎い演出です。
もちろんSSに比べれば気軽さのない新作とも言えますが、もともとパテックフィリップのスポーツウォッチは「ラグジュアリー」というコンセプトがありますので、そういう意味では最高の一本に仕上がったと言えるでしょう。現在、ノーチラスが軒並み価格高騰していて、通常のSS×3針モデルでも600万円、あるいは700万円もの相場を記録しています。
また、常時品薄で、正規店では予約すら受け付けていない状況です。そんなノーチラスに代わって、「パテックフィリップのスポーツモデル」として注目を浴びるアクアノート。
魅力的な新作の発表で、アクアノートにも需要が集中・結果として価格高騰となるかもしれません。動向に気をつけていきたいモデルのうちの一つです。 パテックフィリップ アクアノートを買うなら最低限知っておきたい知識  今年も時計界最大のイベント・バーゼルワールド2019が無事閉幕し、改めて現地で感じた今年のバーゼル新作10傑を選定、ご紹介いたしました。ロレックススーパーコピー、パテックフィリップにブライトリングなどのスイス名門から日本が誇るグランドセイコーなどなど・・・各社本当に魅力的な新作ばかりで、早く実機を実際に手にとってみたい気持ちが強まります。国内入荷は例年通りであれば5月~6月頃から増えてきます。当店GINZA RASINでも2019年、在庫確保に頑張ってまいります!  現地から速報!バーゼルワールド2019新作情報!現地から速報!SIHH2019新作情報!バーゼルワールド2018 現地で感じた今年のバーゼル10傑

GMT?ワールドタイム?UTC?時計のグローバル機能を知ろう

 海外に出張や旅行をすると母国の現在時刻が気になること、ありませんか?
最近はスマートフォンを使えば確認することができますが、もっとスピーディーかつスマートに確認できる方法があります。
複数地域の時刻を表示してくれる機能が搭載された腕時計です。
具体的にはGMT、ワールドタイム、UTCの機能が付いた腕時計がその類です。「GMTってよく聞くけど結局どんな時計なんだろう・・」
「時差機能のある時計が欲しいけど、どれを選べばいいのかわからない・・」そんな疑問を抱えた方々のために、今回は徹底的にその魅力に迫っていきたいと思います。
それぞれの機能を掘り下げていきますので、デザインなどにも注目しながらご覧ください。目次
https://ja.wikipedia.org/wiki/ GMTとは世界標準時(Greenwich Mean Time)の略称です。その名前の由来は、18世紀に遡ります。
海洋帝国として栄えていた大英帝国では、ロンドンにあったグリニッジ天文台で太陽がちょうど真南にくる時間を基準として使うことが定められており、船乗りたちがそれに合わせて生活をしていたそうです。
19世紀末には電信などを使用する時の標準時として、このグリニッジ標準時が国際基準として定められました。
基準のイギリスから経度が15度ずれるごとに時刻が1時間ずれる、ということになるので経度+135度の日本は+9時間の時差、ということがわかります。腕時計に搭載しているGMT機能は24時間針(GMT針)と24時間目盛りによって、2ヵ国目の現地時刻を表示してくれる機能です。
GMT針は24時間で1周するため昼か夜かも教えてくれます。  大抵のGMT針が時分針などと混同しないように形状や色を変えて作ってあります。
この針を操作することによって、第2時間帯の表示が可能です。
操作はリューズの2段引きで出来ます。GMT針単独では動かすことができないので時針や分針を動かして連動させます。
GMT針の時刻はベゼルとの位置で読み取ります。
出発地の時刻に合わせたらリューズを1段引きにし時分針を回して現地時間に合わせます。
出発地にいながら目的地の時刻に合わせることができ、到着してからいちいち時刻合わせをする必要がありません。  ロレックススーパーコピー GMTマスターII 16710 まずは言わずと知れた高級時計ブランド、ロレックススーパーコピーのGMTマスターから。
GMTを使わない時計ファンからも、スポーツウォッチとして人気の高いロレックススーパーコピーのGMTモデルです。
当時世界一の航空会社だったパンアメリカン航空からパイロットウォッチの製作を依頼されたロレックススーパーコピーは、1955年にGMTマスターを生み出します。
GMTマスターは24時間で1周するGMT針と両方向回転ベゼルを備え、パイロットたちに出発地と目的地の正確な時間を伝えてくれました。
初代のGMTマスターIは2つの時刻、次のGMTマスターIIは3つの時刻を確認できます。
GMTマスターIでは黒ベゼルと赤青ベゼルの2タイプ、GMTマスターIIでは赤黒ベゼルのタイプが作られました。
現在はGMTマスターIが生産終了となり、黒ベゼルも赤青ベゼルもGMTマスターIIに集約されています。 関連記事:ロレックススーパーコピー GMTマスターII 今買うならどのモデル?   グランドセイコー メカニカルハイビート36000GMT  SBGJ201 グランドセイコーはその高精度さとシンプルなデザイン、実用性の高さで日本が誇る高級時計ブランドです。
海外の人からも「日本にはこんなに素晴らしいブランドがあるのに、なぜ日本人は海外の時計を買うのか」と不思議がられるほど、その品質には定評があります。
そんなグランドセイコーはGMTへのこだわりも段違いです。
まず自社製ムーブメントの9S86キャリバー。2015年にGMT機種に初めて搭載され、話題となったハイスペックなムーブメントです。
機械式時計は時計の文字盤を向ける向きによって誤差が生じてきます。その時差が生じるのを最大限抑えるには時計の心臓部であるテンプが速く振動する必要があります。その点、このキャリバーの振動数は<spanstyle=”background-color: #ccffff;”>毎時36,000振動という高速振動。移動の多いシーンでも正確に時を刻んでくれます。
GMTが搭載されている、という機能面だけでなく時計としての実用性も大切にしているグランドセイコーならではのモデルと言えます。 関連記事:時計のプロが語る。グランドセイコー GMTの魅力とは?  オメガ シーマスター プラネットオーシャン マスタークロノメーター GMT  215.30.44.22.01.001 アポロ計画の宇宙飛行士や「007」シリーズのジェームズ・ボンド、彼らはオメガとともに冒険をしてきました。
オリンピックの公式タイムキーパーもオメガが務めています。
歴史とロマンの詰まったオメガは現代でも時計ファンの心を掴んで放しません。
そしてオメガのシーマスタープラネットオーシャンと言えばその名の表す通り、海を愛する人たちの相棒としてダイバーズウォッチの最前線に立つモデルです。
そんなオメガのハイクラスダイバーズモデルであるプラネットオーシャンにGMT機能を追加したこのモデルは、スイス公式クロノメーター検査協会(COSC)から認められた精度の高さを持っています。
ベゼルと文字盤には衝撃に強いセラミックが採用され、防水性能は600mを誇ります。
陸でも海でもその正確さと耐久性をいかんなく見せつけてくれることでしょう。  タグホイヤー アクアレーサー キャリバー7 GMT WAY201F.BA0927ロレックススーパーコピーやオメガなどの有名ブランドと肩を並べる程の品質を持ちながら、比較的手の届きやすい値段が魅力なタグホイヤー。
その中でもアクアレーサーはプロダイバーがデザインしたタグホイヤー唯一のダイバーズモデルとして人気があり、高い防水性を誇ります。
ロレックススーパーコピーのGMTマスターは生活防水レベルなので、防水性という観点からはタグホイヤーが圧倒的です。
ダイバーズウォッチとしてもGMTとしても高いパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。
そして高級時計の名にふさわしいデザイン性も兼ね備えています。
シックな横縞模様が文字盤を繊細に彩り、ペンシル型の針はタグホイヤーのロゴを想起させます。
機能性、デザイン性ともに高いクオリティを誇り、コストパフォーマンスの高さも随一です。 
https://www.facebook.com/pg/vacheronconstantin/ 「いまあの国は何時なんだろう?」
異国に思いを馳せながら地球儀を見たことのある方も少なくないのではないでしょうか。
ワールドタイム機構搭載の時計なら、大切な人がいるあの国や思い出のあの国の時間がすぐにわかります。
自分のいる場所、そして世界主要都市の時刻を一つの時計で確認できるという点はもちろん、
その独創的なデザインが旅好き、そして時計好きをワクワクさせてくれるということでも人気のモデルです。ワールドタイム腕時計の文字盤やベゼルには世界の代表的な都市名が表示されており、
現在地の時刻を合わせることでそれぞれの地域の時刻がわかるようになっています。
24都市の時刻を表示するものが多いですが、37都市や40都市のものもあります。ワールドタイム機能搭載の腕時計の最大の特徴は、一度1ヵ国の時刻を合わせればその他複数都市の現地時刻が瞬時に表示される点です。
時差を確認して時間を設定する必要がないというのもとても手軽に感じることでしょう。
大抵のワールドタイムモデルがプッシュボタンを用いて操作するため、時計に詳しくない方でも直観的に使用することができます。 https://www.patek.com/ 世界で最初にワールドタイム機能搭載の腕時計を開発したのはルイ・コティエ氏という時計師です。
彼は文字盤上に世界主要都市を時差に沿って並べたリングと24時間表示リングを配置するという、誰も想像しないような機構を発明しました。
現代でも「コティエ式」として数多くのブランドがその高度な技術を採用しています。パテックフィリップ ワールドタイム 5130R-001 ワールドタイム機構を語るのに欠かせないのがパテックフィリップ。
「コティエ式」を最初に取り入れて、世界を驚かせるような時計を発表しました。
地球儀をそのまま落とし込んだような文字盤デザイン。直観的な操作性。すべてが画期的な発明は当時の時計界に衝撃を与えたと言われています。
GMTと違って時差を考える必要がなく、瞬時に各国の時刻がわかるという利便性はまさに革命でした。
その後様々なメーカーがワールドタイム機構を搭載し始めましたが、いまだにその中でもパテックフィリップのワールドタイマーは絶大な支持を得ています。  セイコー ブライツ ワールドタイム SAGA113セイコーブライツのワールドタイムも人気があります。
日本、中国、アメリカの3地域の異なる標準電波を受信するソーラー式の電波時計です。太陽光や蛍光灯などで駆動するので電池交換は不要です。
24都市のローカルタイムを表示し、電波を受信しない都市でも高精度なクォーツが正確に時刻を伝えてくれます。
セイコー腕時計の中でも武骨でありながら端正なデザインで、男女問わず人気のモデルです。 関連記事:ワールドタイム 都市コード一覧  ジラールペルゴ WW.TC ワールドタイム クロノグラフ ジラールペルゴはムーブメントの部品をすべて自社で作るマニファクチュールブランドとして時計愛好家には古くから人気があるブランドです。
江戸時代、日本に最初にスイス時計を持ち込んだのはジラールペルゴの創業者一族だと言われています。
ジラールペルゴのワールドタイムモデルは他ブランドには類を見ない逸品です。
24都市表示機能に加え、クロノグラフ機能にデイト表示とこれでもかと機能が盛り込まれていますが、外見からはクラシックな雰囲気が漂います。腕時計としての機能性とファッション性が融合した唯一無二のモデルです。  ヴァシュロンコンスタンタン パトリモニー トラディショナル ワールドタイム 86060/000R-9640 パテックフィリップ、オーデマ・ピゲとともに世界三大高級時計として名高いヴァシュロンコンスタンタン。
1755年に創業され260年以上時計界をリードしてきた世界最古の腕時計ブランドです。
歴史に裏打ちされた確かな技術力と美術品のように美しいデザインで王族や貴族、セレブやアスリートなど様々な時計好きを虜にしています。
そんなヴァシュロンコンスタンタンのワールドタイムモデルはその複雑機構とデザインに魅力があります。
それまでのGMTやワールドタイムでは24都市の1時間刻みの時差しか表現できませんでしたが、なんとこのモデルは24都市に加え、30分差のデリー、カラチ、カラカス、15分差のネパールなど13都市の細かい時差も表現してくれる優れモノです。
1時間単位の時差の国は黒、30分や15分単位の時差の国は赤で表示されています。
文字盤上の世界地図には濃淡のディスクが置かれ、夜と昼を教えてくれるという演出も。
複数都市の正確な時刻を確認できる利便性だけでなく、地球儀を回すようなワクワク感も味わえそうです。  https://www.facebook.com/pg/IWCWatches/ そしていま現在、GMTに代わり世界標準時として使用されているのが協定世界時(UTC)です。
Universal Time, Coordinatedの略で、「よく調整された世界時」を意味しています。
1秒の長さをセシウム原子の振動数を元に測定しており、1000年間で一秒の誤差しかないという正確さが特徴です。
原子時計が開発されたことで天文観測だった世界時では地球の自転の関係で秒の単位が常に変動してしまうことが判明しました。
その世界時にうるう秒を加えることで誤差が0.9以上にならないように調整をしたのがUTCなのです。  IWC フリーガー UTC IW325101 スイスブランドながらドイツに近い地域に本拠地を構えていることもあり、クラフトマンシップを追求したモノづくりをするIWC(International Watch Company)。
パイロットウォッチの先駆者としても有名なIWCですが、このフリーガーもドイツ語でパイロットを意味します。
12時位置のUTC表示と3時位置のデイト表示は視認性が良く、ブラックの文字盤とステンレススチールの軽量なケースは上品な雰囲気を醸し出しています。実用性と洗練されたデザインが魅力的なモデルです。
いかにもデュアルタイム時計、という感じの派手な見た目ではありませんが、そのスマートさは「質実剛健」と評価されるIWCらしい姿とも言えるのではないでしょうか。  ブライトリング クロノマット エボリューション UTC付き A156B21UTC(A13356) ブライトリングを代表するモデル、クロノマットは1984年にイタリア空軍のために開発・採用されました。
狭いコックピット内での衝撃にも耐える強さと上空からの太陽光の反射を抑えるコーティング、そしてプロの計器としての正確性で、クロノマットはパイロットたちの右腕として活躍を続けています。
クロノマットエボリューションはブライトリングの中でも人気のモデルでしたが、現在は生産終了しています。
ベゼルのライダータブは現行型にはない貴重なパーツで、パイロットたちが時間の計測をするために使用されていました。
UTCは6時側に位置しています。UTC機能だけがクォーツムーブメントで稼働しているユニークな作りとなっています。 関連記事:人気のブライトリング十傑。腕時計愛好家に選ばれ続けるモデルとは  ジン 856.UTC Sinn ドイツ軍パイロットで飛行教官でもあったヘルムート・ジンが創設したジン特殊時計会社。
どのような過酷な状況でも安心して使えるように、というモットーで時計を作り続けているブランドです。
暗い所でも視認性の良い蛍光インデックス、傷つきにくさ、気温変化への対応、防水機能、耐磁性など、コックピットクロックの機能とデザインを継承しています。
その機能性はパイロットのみならずビジネスマンにもその真価を発揮してくれることでしょう。 モンブラン スター クロノグラフ UTC オートマティック 107113 文房具メーカーならではのシンプルでクラシカルなデザインが特徴のモンブラン。
老舗ムーブメント会社「ミネルバ」とパートナー契約を組んでいることで複雑機構も得意としています。
深い青の時分針と赤いGMT針のコントラストがスタイリッシュで落ち着いた高級万年筆を思わせるデザインです。
9時位置のスモールセコンドにはブランドロゴがギーシェ彫りで施されているというこだわりも光ります。
そしてクロノグラフにUTC、と惜しげもなく機能を搭載しているにも関わらず手の届きやすい値段も魅力です。
繊細なデザインと豊富な機能、そしてコストパフォーマンスの良さでも評価の高いUTC搭載モデルです。 様々な時計をご紹介してきましたが、どれを選ぼうか迷ってしまうと思います。
デザインで一目惚れした、という方はその出会いを大切にしてください。
どれも良さそうで・・・という方は、目的によって選んでみてください。
目的地が1ヵ国の場合はGMTモデルやUTCモデルがおススメです。
パッと見るだけですぐに2ヵ国の時刻が認識できる、という意味ではワールドタイムよりも視認性が良いと言えます。
しかしワールドタイムの良さは時差を計算しなくていい点です。
現在地の時間を合わせるだけで複数の都市の時刻を一度に確認することが可能です。
そして何よりそのデザインに惹かれる方も多いのではないでしょうか。
世界を渡り歩くようなロマンを感じられる気がします。
自分の行動範囲や使う頻度、デザインへのときめきなど、それぞれの方のニーズに合った時計が見つけられれば幸いです。 ご紹介したどの時計にも共通するのは、出張や旅行にあまり縁がなくても普段使いしたくなる魅力がある点です。
GMTもUTCもワールドタイムも、その機能を使わないとしても邪魔にならないようなデザインに仕上げられています。
それは腕時計をいつでもどこでも人生のパートナーにしてほしいという各時計ブランドの想いが込められているからかもしれません。
出張の多い方、旅行が好きな方、そしてそうではない方にもグローバル機能付きの腕時計の魅力が少しでも伝わりましたら幸いです。 ■海外旅行好き必見!パテックフィリップ ワールドタイムを徹底解説■ロレックススーパーコピー GMTマスターの使い方

バーゼルワールド2019新作!ロレックス GMTマスターII 126710BLNRを徹底解説!

年々来場者数や出展企業数の減少が騒がれていますが、時計業界ではここ一番の大盛り上がりを見せたバーゼルワールド2019。
パテックフィリップやタグホイヤー、グランドセイコーにチューダー(チュードル)といった、人気ブランドのブースは常時賑わいを見せていました。そんな中でも特に注目度が高いのはロレックススーパーコピーでしょう。昨年に引き続いてGMTマスターIIの新作を発表しております。
新作GMTマスターII、もともとのモデルを劇的にブラッシュアップしていて本当に素晴らしい逸品ですが、何やらまたロレックススーパーコピーの相場高騰の起爆剤にもなりそうなのです。この記事では、GMTマスターIIの2019年新作について、そしてこの新作が2019年のロレックススーパーコピー相場に与える影響を徹底解説いたします! 出展:https://www.rolex.com/ja  目次GMTマスターIIはベゼル・24時間針を駆使して3か所の異なるエリアの時刻を一目で把握できる、ロレックススーパーコピーきっての高機能モデルです。
ロングセラーでありながらもデイトナやエクスプローラーと比べるとやや慎ましやか―もっと言うとわき役的―な存在でしたが、セラクロムベゼルを採用した116710LNが2007年に、次いで2013年に青黒ベゼルの116710BLNRが登場したことによって、大人気商品へと躍進。 116710LN / 116710BLNRそして、近年ロレックススーパーコピーの最先端技術を駆使した進化がとても華々しい一大シリーズでもあるのです。今回の新作は、上記116710BLNRと同様に青黒ベゼルを用いて、126710BLNRとして誕生した形です。スペックは以下の通りです。    2019年新作GMTマスターIIのディテールをご紹介いたします。 出展:https://www.rolex.com/ja 新作GMTマスターIIで最も注目すべきはその内部機構です。
あのロレックススーパーコピーが自身で「新世代」とまで自負する自社製ムーブメントCal.3285が新たに搭載されました。「新たに」と申し上げましたが、ムーブメント自体は2019年の今年が初出ではありません。
バーゼルワールド2018で赤青ベゼル―通称ペプシ―を復活させたとロレックススーパーコピーファンの間で大きな話題となった新作126710BLROにて、初めて世に送り出されました。
今回青黒ベゼル―こちらの通称はバットマン―に搭載され、Cal.3285にとっては第二弾ということになります。 出展:https://www.rolex.com/ja この新ムーブメントCal.3285の最も特筆すべきところは、70時間にも及ぶロングパワーリザーブです。
伝統的にGMTマスターIIに搭載されていたCal.3186は48時間ですので、を可能にしたことになります。
また、従来「COSC(クロノメーター)相当」であった精度がその二倍へと飛躍。
そして、パラクロムヒゲゼンマイやパラフレックスショック・アブソーバ等、最先端の素材や新設計を用いることによって、正確性だけでなく耐衝撃性に耐磁性、15%ものエネルギー効率アップしているというのです。
」が実はミソで、現在ムーブメントの省エネは多くのブランドの課題です。
もちろんロングパワーリザーブのため、というのもあるのですが、パワーリザーブと時計の精度を両立するためには省エネが絶対不可欠なのです。「ロレックススーパーコピーの技術の粋を尽くし、時計製造の最先端」とはロレックススーパーコピーの言葉ですが、どのブランドよりも先駆けて三大発明-オイスターケース、パーペチュアル、デイトジャスト―を開発したように、技術躍進に対して余念のない同社らしい名ムーブメントと言えるでしょう。 ※2015年にロレックススーパーコピーで初めて新世代ムーブメントを搭載させたデイデイト40の新作のうちの一つ 223285A この新世代ムーブメントは今ロレックススーパーコピー内で推進が進めらています。
2015年、デイデイト40mmにCal.3255が搭載されたことを皮切りに、3200番台ムーブを続々強化。
今回126710BLNRが登場したのも、その方針の一環なのでしょう。しかしながら多機能がアピールポイントのGMTマスターIIで採用されると、さらにパワーアップした感が強調され、話題性の高さも頷けます。 ロレックススーパーコピーの裏蓋を開けてみました!リアルなムーブメント画像18選  出展:https://www.rolex.com/ja もう一点、従来のSSモデルと新作126710BLNRの大きな違いとして、ジュビリーブレスレットに装いを変えた、ということも気になっている方が多いのではないでしょうか。スポーツロレックススーパーコピーでは、歴史的に「3列のオイスターブレスレット」を採用してきました。
116710BLNRでは、ポリッシュとヘアライン仕上げを組み合わせた高級感のある、それでいて男らしさも両立している精悍なブレスレットが印象的ですね。しかしながら2019年の新作で出された126710BLNRで5連ジュビリーブレスレットを採用し、昨年に引き続きその流れを踏襲したのです。 左が2018年新作GMTマスターII 126710BLRO ジュビリーブレスレットはデイトジャストなどロレックススーパーコピーのドレスウォッチに採用されてきました。
細めのコマがエレガントに5列並んだタイプで、GMTマスターの5桁品番で使われたことがありましたが、定番化はしませんでした。2018年にジュビリーブレス版GMTマスターIIを見て、変わり種か?と騒がれたものですが、これが実は「かっこいい」とそこかしこで人気に。
ジュビリーブレスレットは「いかにもロレックススーパーコピー」といった印象ですので、人気が出ないはずはないですよね。2019年も、再びこのデザインで押し出されましたが、青黒ベゼルの、どこか控えめな気品ある雰囲気とよくマッチしていますね。青黒ベゼル116710BLNRはGMTマスターIIの人気の火付け役的な立ち位置でした。
今回ジュビリーブレスレット版が誕生したことによって、今ですら常時品薄・デイトナ並みの人気高騰を遂げているGMTマスターIIの人気を、さらにさらに押し上げるであろうことは想像に難くありませんね。  例年新作発表が行われるたびに話題になる今年のロレックススーパーコピー相場。2019年、新作GMTマスターIIの影響で、どのような動向を見せるのでしょうか。 先ほど、「青黒ベゼル116710BLNRはGMTマスターII人気の火付け役的な立ち位置」とお話しました。そして、ジュビリーブレスレットのひとしおのかっこよさが昨年新作の126710BLROで十二分に証明されている今、新作126710BLNRの人気が出ないはずがありません。現在ロレックススーパーコピーは世界各国で需要が集中しており、ほとんどのスポ―ツモデルで相場を爆上げしていますが、赤青ベゼルのです。もちろん、新作は初出年は高い相場を維持します。
これは何もロレックススーパーコピーだけの現象ではありません。「ご祝儀価格」とでも言いますか、SIHH・バーゼルワールドなどで発表されたモデルは、入荷が始まってしばらくは高い価格で売り買いされます。
多くの時計店や愛好家が入荷時は在庫を確保し、ある程度行き渡ったら落ち着く・・・当然の流れですよね。でも、ロレックススーパーコピーはちょっと様子が違います。
2018年に登場した赤青ベゼル126710BLROの、ここ1年の相場をご覧ください。 出展:https://kakaku.com/item/K0001060167/pricehistory/ 出回り始めほどではありませんが半年近く、で安定していますよね。ちなみに国内定価は950,400円です。そして、特定のモデルが高値となると、ロレックススーパーコピー全体の相場が上がる、という傾向が目立ってあるのです。話題性のある新作が出たことによって、さらにそのブランドの注目度が上がったり、その新作が品薄で変えなかった購入者が、同ブランド内の他モデルに流れていったり。こういった流れで、ブランド全体の需要が相対的に上がります。新作126710BLNRも、赤青ベゼル126710BLRO同様に話題性があり、しかも同じように魅力的な逸品です。
基本スペックは同じで、どちらもツートンカラーベゼル。ロレックススーパーコピー人気を上手に二分しそうな勢いが感じられます。つまり、126710BLNRの入荷が始まると、またロレックススーパーコピー相場が跳ね上がる、というシナリオは十分考えられるということです。 加えて、バーゼルワールド2019の影で、2007年以来10年以上に渡って愛され続けてきたしているという噂が立っています。前述の通り、ロレックススーパーコピーは新世代ムーブメントの採用に意欲的で、順次搭載を始めています。
GMTマスターII 126710系のように外装を一新するものもあれば、シードゥエラー 126600や今回一緒に発表されたヨットマスター40シリーズのようにデザインを変えないものもあります。この流れから、今年もGMTマスターIIが新ムーブ搭載の新作として発表されるとずっと取沙汰されており、青黒ベゼルか黒ベゼルのどちらかが変わるのではないか、と言われていました。
そのため新作で出たことは驚きはしませんが、実はのです。もし116710系が生産終了だとしたら、GMTマスターIIのSSモデルから3列ブレスレットが消えた、ということも意味します。なぜなら、ようなのです。 多くのサイトでは116710系の生産終了を報じていますが、決めつけるのは早計のようです。と言うのも、当店で日本ロレックススーパーコピーへ問い合わせたところ、という回答でした。秘密主義のロレックススーパーコピー。今の時点では「わからない」と答えるように本社から通達が来ているのかもしれませんが、断言していないところから見ると即生産終了、とは言えません。実際、今の時点ではロレックススーパーコピーの公式ホームページから姿を消した、というだけです。  一方で生産終了だとしても不思議ではありません。ロレックススーパーコピーは、こういった「演出」が本当に上手なためです。
ロレックススーパーコピーが自社製品の稀少価値を落とさないよう巧みに製造本数をコントロールしていることは有名な話ですが、そこそこ人気のあるラインを生産終了させることによって話題性を呼び、同時に新モデルを追加してさらなる話題を喚起しているのです。実際、GMTマスターシリーズはIも含め、新品・中古市場で全体的に値上がりしています。
また、SSほどは値上がりしない、と言われている金無垢モデルやSS×ゴールドのコンビモデルもなかなかの値上がりを続けています。例年、ロレックススーパーコピーの新作の国内入荷が始まるのは。
126710BLNRのみならずバーゼルワールド2019新作が続々入荷してきたら、この値上がりはより顕著になることでしょう。現在は116710BLNRおよび116710LNが品薄と言えど、新品並行市場にて出回っています。
今後の動向を考えればあるいは、今はまだ「お得に買える」時期、と言えるのではないでしょうか。 GMTマスターIIのみならず、金ロゴがオシャレなシードゥエラーやアップサイジングされたヨットマスター42、そして毎年恒例のデイトジャストやデイデイトの新デザインなどがバーゼルワールド2019では発表されました。
こういった力強い新作の数々を見ていると、まだまだ高級時計人気は健在だな、と改めて感じさせられます。新たな装いとなって生まれ変わったバットマン126710BLNR。
はやく実機を手にとってみたいものですね! GMTマスター 商品一覧 現地から速報!バーゼルワールド2019新作情報!速報!バーゼルワールド2019 ロレックススーパーコピー新作モデルを発表!バーゼルワールド2018新作!ロレックススーパーコピー GMTマスターII 126710BLROを徹底解説!ロレックススーパーコピー GMTマスターII 今買うならどのモデル?ロレックススーパーコピーの定価は値上がりする!?2019年の流れを読む

バーゼルワールド2019新作!ロレックス シードゥエラー 126603を徹底解説!

バーゼルワールド2019において、ロレックススーパーコピーは目玉新作が目白押しでした。
新型GMTマスターII 126710BLNRやヨットマスター42。そして今回ご紹介するシードゥエラー 126603も語らずにはいられません。シードゥエラーにこれまでなかったイエローロレゾール―ステンレススティール×イエローゴールド―を採用し、ガラッと印象を変えてしまいました。
もちろん外装面に留まらず、そこかしこにロレックススーパーコピーらしい最先端技術を垣間見ることができます。
ロレックススーパーコピーきってのハイスペックモデルはいったいどのような進化を遂げたのでしょうか。この記事では、新作シードゥエラーについて徹底解説いたします! 出展:https://www.rolex.com/ja 目次まず、新作シードゥエラーのスペック詳細をご紹介いたします。   シードゥエラーは「海の居住者」という意味の名称です。
1967年にサブマリーナの上級モデルとして誕生しました。「上級」というだけあり、最も特筆すべきことは防水性の高さです。
サブマリーナの基本防水が300mであることに対して(1979年~。シードゥエラーが出た1960年代当時は200m)、シードゥエラーはなんと1,220m!
2008年にさらにハイスペックな3,900m防水のディープシーをシードゥエラーの派生モデルとして誕生させるのですが、1960年代というまだダイバーズウォッチの黎明期に1,220m防水という超スペックを実現していたことに驚きを隠せませんね。
ちなみに正式名称は「シードゥエラー4000」となり、400フィート、つまり1,220mを意味します。そんなシードゥエラーは2017年、シリーズ誕生50周年という節目の年に、ロレックススーパーコピーファン垂涎の初代モデル「赤シード」の意匠を復活させたRef.126600をバーゼルワールドで発表しました。※バーゼルワールド2017で発表された赤シード 126600 従来のケースサイズを40mm⇒43mmへアップサイジングしたり、これまでシードゥエラーになかった―できなかった―サイクロップレンズを採用したりと、かなり大胆な進化を果たしたとして、発売当初は賛否両論がありました。
しかしながらシードゥエラーならではの機能性の高さと他モデルと一線を画す精悍さから、コアなファンを中心に厚い支持を獲得。デイトナやGMTマスターIIなどのように価格の大きなアップダウンはありませんが、高値安定を維持しています。もともと製造数が非常に少ないモデルであることも併せて、決して「定番」ではありません。
そのためこの度バーゼルワールド2019で新型シードゥエラー126603が、あまりに意外なデザインに姿を変えて投下され、驚いた方もいらっしゃるでしょう。2019年新作の126603の存在は、シードゥエラーの新たなるファン層の開拓にも繋がりそうです。
次項より、その詳細を解説いたします。 基本スペックはバーゼルワールド2017で発表された126600と大きくは変わりません。
しかしながら今回の新作でかなり大きなインパクトを与えられた要因は、外装デザインではないでしょうか。ポイントごとにご紹介いたします。 出展:https://www.rolex.com/ja ロレゾールとは、ロレックススーパーコピー独自の造語で、オイスタースティール(904Lステンレススティール。SSの最高ランク)×K18イエローゴールドをコンビネーションで外装素材に使用したモデルです。
いわゆる「コンビモデル」というものですね。
ちなみに近年ではこういった異素材をマッチングさせる仕様を多くのブランドが採用していますが、SS×ゴールドコンビはロレックススーパーコピーが1933年という早い段階に特許を取得したものとなります。デイトジャストやデイデイトといったドレスラインに留まらず、デイトナ、サブマリーナといったスポーツラインにも採用されてきました。金無垢の高級時計なんて嫌味だ、そう思う方もいらっしゃるかもしれません。
でも、ロレックススーパーコピーのスタイリッシュなスポーツラインにK18という上質なゴールドが本当に映えて、かっこよさはもちろんエレガンスもまた感じさせます。 SS×YGのサブマリーナ116613LB / SS×PGのGMTマスターII 126711CHNR そんなロレゾール、もちろん採用されていないシリーズもありました。
エクスプローラーやミルガウスといった、どちらかと言えば質実剛健なプロフェッショナルモデルには存在しません。
シードゥエラーもそんなロレゾールがないシリーズでしたが、この度の新作で改めて仲間入りを果たすこととなりました。  一目見た時、率直に「かっこいいな」と思いました。ロレゾール自体は、SSモデルに比べるとすっごい人気がある、というラインではありません。
でも、サブマリーナの116613LNですとか、デイトナの116503ですとか。黒文字盤×イエローロレゾールの組み合わせは男らしい中にも色気があって、デザイン面で完成されていることは証明されていました。
加えてシードゥエラーのボリューミーなケースに合わさることによって、この上なくイケメンに仕上がっていますね。ベゼルやインデックスにもイエローゴールドカラーがあしらわれており、非常に華やか。
ベゼルのゴールドメモリはPVD加工(physical vapor depositionの略。メッキの一種)でイエローゴールドをコーティングしているので、同素材のベゼルにありがちな「傷つきやすい」という弱点が克服されています。 出展:https://www.rolex.com/ja さらに特筆すべきことは、文字盤ロゴ「SEA-DWELLER」の文字列。
2017年は初代シードゥエラーの初期モデルにごくわずか見られた赤シードを復刻したことで話題となりましたが、今回はイエローロレゾールに合わせて、ゴールドカラーにロゴが彩られているのです。
赤シードならぬ金シードということでしょうか。これは、サブマリーナのロレゾールモデルにも無い仕様です。こういったディテールから、新型シードゥエラーは確実にこれまでのロレゾールモデルと同様にオシャレで、確実に一線を画した男気溢れるモデルとなるのではないでしょうか。 出展:https://www.rolex.com/ja ロレゾール以外はバーゼルワールド2017で発表された126600のデザインを踏襲しています。
126600は同社の潜水モデルに対する栄光の歴史をシンボライズした存在ですから、この点は大きくは変えてこないのは当然ですね。改めて細部をご紹介すると、まずはケースサイズ。
シードゥエラーが「定番ではない」と言われる理由は、ボリューミーなケースにあるでしょう。1,220mという深海の水圧に耐えるためにリングロックシステムと呼ばれる特許取得の堅牢な構造を持ったケースを採用しているため、「上品な薄さ」などとは無縁。
また、ダイビンググローブを着けたままでも操作しやすい無骨なベゼルやしっかりとしたねじ込み式リューズ、ヘリウムエスケープバルブ搭載などといったハイスペックのための要素が重なって、かなりしっかりとしたケースに仕上がっているのです。もともとボリュームのあったケースを、126600で40mm⇒43mmへと大幅アップサイジング。
ケース厚は15mmにも及びますので、腕に着けるとかなり存在を主張してくれます。 
※同ケースサイズの126600の着用画像 それをロレゾールモデルで、ということになるのですから、さらなる存在感は間違いありません。また、2017年、大きな論争を巻き起こしたサイクロップレンズも変わらず採用されました。
もともとシードゥエラーにはサイクロップレンズはついていません。
なぜかというと1,220mの水圧だと、このレンズは風防破損に繋がってしまうためです。しかしながら新技術のもとに採用できるようになりました。
「サブマリーナと差別化できていない」とも言われていたようですが、ロレックススーパーコピーらしいデザインになった、とも評価されています。このように、126600とバーゼルワールド2019新作シードゥエラー126603の大きな違いは素材のみとなります。 出展:https://www.rolex.com/ja 最後にムーブメントについてご紹介いたします。近年のロレックススーパーコピーのムーブメントをご覧いただくと、3200番台のものがすぐに目につくと思います。
これはロレックススーパーコピー社が開発を進めている「新世代」ムーブメントで、2015年にデイデイト40でCal.3255を搭載させたのを皮切りに続々とラインナップに加わるようになりました。シードゥエラーもご多分に漏れず。
従来のCal.3135からCal.3235に進化を遂げて2017年に改めて誕生となった形です。新世代ムーブメントの特徴は、何よりもロングパワーリザーブにあります。これまで48時間であったものを70時間に延長。約1日分も延ばすことに成功しているというのは驚きです。
また、耐磁性や耐衝撃性といった実用性、加えて二倍の高精度など、より便利に、より私たちのライフスタイルにマッチした名機として登場しました。シードゥエラー自体、もともとハイスペックなモデルとして有名ですが、新世代ムーブメントを携えたことによってより機能性が極まった逸品になったと言えます。  新作シードゥエラー126603の価格動向はどのようなものになるのでしょうか。ロレックススーパーコピーの国内入荷は、例年となります。
入荷してしばらくは、多くの時計店が在庫を確保したり、実際に欲しい方が購入したりと、需要が集中するため価格は高騰するでしょう。では、将来的な相場動向はどのようなものなのでしょうか。前述のように、シードゥエラー自体が製造本数がとても少ないです。
これは裏を返せば、需要が集中した時プレミア化となりやすい、ということ。
一方で定番になりきれず、売上数は限定的、ということも意味します。ただ、バーゼルワールド2018でシードゥエラーの派生モデルディープシーの新型126660をラインナップしたりと同社がシードゥエラーの定番化に力を入れているところが見てとれます。2018年新作シードゥエラー ディープシー 黒文字盤 / D-BLUE文字盤 加えて、シードゥエラーの生産終了モデルが大幅に値上げを続けています。
例えば先代の116600。2019年4月現在の販売相場はとなっております。126600が2017年に出たことにより、生産期間わずか三年で終止符を打たれたことによる買い注文の殺到が大きな要因でしょう、プレミア化目覚ましい一本と言えます。
最後の40mmサイズ、最後のサイクロップレンズなしのシードゥエラーということも大きいですね。シードゥエラー 116600 ロレックススーパーコピーのシードゥエラーの定番化、および生産終了モデルのプレミア化といった、この二つの出来事から見ると、新型シードゥエラーも需要集中するポテンシャルは十二分と言えます。また、相場は抜きにしても、シードゥエラーはロレックススーパーコピーきってのハイスぺモデルだけあって機能性や堅牢性は抜群。
そのため長年使用しても質が落ちづらく、つまり中古であっても価値がなかなか落ちません。デイトナやGMTマスターIIほどの相場高騰とはならないでしょうが、そういった「売りやすさ」という意味では、確かな実力を持っており、それが資産価値として注目され相場を上げる、というシナリオは十分考えられます。ちなみに予価は15,300スイスフランで、現在為替では日本円で約170万円前後となります。新作シードゥエラー126603の、国内入荷を待ちましょう。 バーゼルワールド2019で発表された、新作シードゥエラー 126603について解説いたしました。質実剛健なイメージが強いシードゥエラーに初となるイエローロレゾールが採用され、非常にオシャレで洗練された装いとなり、2019年かなり注目度の高いモデルと言えます。文中でもご紹介したように、例年ロレックススーパーコピーの国内入荷は5月~6月頃です。実物を見たらもっとかっこいいのでしょう。入荷が待ち遠しいですね! ロレックススーパーコピー シードゥエラー 商品一覧 現地から速報!バーゼルワールド2019レポート速報!バーゼルワールド2019 ロレックススーパーコピー新作モデルを発表!ロレックススーパーコピー シードゥエラーを総ざらい!歴史・価格・今買うべきモデルは?ロレックススーパーコピー ディープシーを持っているなら知っておかなければいけない事人気機種別!ロレックススーパーコピー価格動向調査2019!ロレックススーパーコピーの定価は値上がりする!?2019年の流れを読む

バーゼルワールド2019新作!ロレックス ヨットマスター42 226659を徹底解説!

バーゼルワールド2019で最も注目された新作はどれでしょうか?
ロレックススーパーコピーのGMTマスターII?パテックフィリップの新型カラトラバ?グランドセイコーのスプリングドライブ20周年記念モデル?
いずれも希代の名作であることに変わりはありません。
でも、バーゼルワールド2019で現地リポートを行った弊社スタッフが「最も記憶に残った」と語るのは、今回ご紹介する新型ヨットマスターでした。ヨットマスターはスポーツロレックススーパーコピーのハイエンドラインとなります。
もともとエレガントでデザイン性の高い一大シリーズですが、2019年の新作は一味も二味も違います。この記事では、バーゼルワールド2019で登場した新作ヨットマスター42 226659について徹底解説いたします! 出展:https://www.rolex.com/ja  目次まず初めに、新型ヨットマスターのスペックをご紹介いたします。   ヨットマスターは、ロレックススーパーコピーのマリン系モデルです。
「マリン」と言っても、サブマリーナやシードゥエラーなどのようなダイバーズウォッチではありません。
ヨットクルージングなど遊び心溢れるマリンスポーツを楽しむ「セレブリティ」をターゲットに開発された、ハイエンドラインとなります。ヨットマスターにはヨットマスターIとヨットマスターIIがあり、Iが3針+デイト表示のみのシンプルタイプ。IIがレガッタクロノグラフを搭載した、ヨットレース向けのコンプリケーションとなります。
バーゼルワールド2019で新作が出たのはヨットマスターIから。
従来はロレジウム(SS×プラチナ)、エバーロレゾール(SS×エバーローズゴールド)、エバーローズゴールド製の、ケースサイズ37mmおよび40mmがラインナップされてきました。この度は、ホワイトゴールド製ケース、そして42mmにアップサイジングされた新型226659が誕生した運びとなりますが、これがまた男心をくすぐる銘品なのです!詳細を次項よりご紹介いたします。  新作ヨットマスターの特徴を端的に挙げるとすれば、「完成された外装」「ロレックススーパーコピー独自のオイスターフレックス」です。
それぞれをご紹介いたします。  出展:https://www.rolex.com/ja 新作ヨットマスター42 226659は、バーゼルワールド開催の数日前から公式HPの前宣伝として、シークレッド動画が流れていました。
そのチラ見せからはサブマリーナかな?と思いましたが、まさかヨットマスターだったとは・・・その全容が公開されて、改めて驚かされました。
これまでよりケースサイズが42mmにアップサイジングされたこと。
もちろんこれも結構驚きました。サブマリーナですとか、エクスプローラーIですとか、ロレックススーパーコピーのシンプルモデルには40mmサイズが多いのに思い切ったな、と。40mm以下の小径ケースが流行っている現在ではなおさら驚きの変化です。加えてホワイトゴールドケースを追加したこと、そして艶を消したマットなブラックセラミックベゼルを採用していることで、これまでのどのヨットマスターとも異なった表情を見せてくれています。  前述したように、ヨットマスターはハイエンドラインなので、SSモデルはありません。そしてロレジウムという、ステンレススティール×プラチナのコンビを指すロレックススーパーコピーの造語がありますが、このロレジウムがヨットマスターでは一番人気となります。
特にダークロジウム文字盤のRef.116622は常時品薄。
ちなみに少しややこしいですが、ダークロジウムは「ロジウム」という白金族系の貴金属をロレックススーパーコピー独自の合金で暗めカラーに仕上げたものです。 ※ロレジウムヨットマスター40 116655 ダークロジウム文字盤 そのため、当初は新作はロレジウムなのかな?と思いましたがホワイトゴールド
しかも、近年スポーツロレックススーパーコピーを中心に搭載されているセラクロムベゼルやこれまでヨットマスターに多く採用されてきた貴金属性ベゼルではなく、マットなブラックセラミックベゼルです。
この良い意味で肩透かしを食わされた感がたまりません。このマッチングによって、これまでラグジュアリーに寄りがちだったヨットマスターに、いっきに精悍さが加わりました。 出展:https://www.instagram.com/rolex/ちなみに2015年に発売されたエバーローズゴールド製の116655でも同様の意匠がなされましたが、ローズゴールドは華やか、ホワイトゴールドはエレガント、といったように上手にすみ分けされています。新作ヨットマスター42に派手さはありません。
でも、オーソドックスなデザインだから光るエレガンス、そして他とは一線を画す「粋」が感じられ、本当に完成された一本として仕上がりました。  出展:https://www.rolex.com/ja 2015年、先ほどご紹介したヨットマスター 116655(および268655)で初めて登場したオイスターフレックスをご存知でしょうか。
パッと見はラバーベルトですが、一般的に販売されているラバー素材とは異なり、ロレックススーパーコピーが独自開発した「ブラック エラストマー」という、豊かな弾性を持つゴム状の高分子物質がコーティングされています。
ちなみにエラストマーもまたロレックススーパーコピーの造語で、「erastic(弾性のある)」+「polymer(重合体)」の組み合わせとなります。ブラックエラストマーによってコーティングされたラバーはメタルブレスレット並みの堅牢性や防水性が確保されており、従来のラバーベルトにありがちだった「切れやすい」「傷つきやすい」といった弱点が解消されました。
さらに、「縦方向クッションシステム」と呼ばれるパーツが内蔵されており、快適な装着感を実現しています。  このオイスターフレックスはデイトナ 116519LNにも搭載されるなど、近年ロレックススーパーコピーのラインナップで目玉的な立ち位置を占めています。
確かに3列のオイスターブレスレットも良いですが、オイスターフレックスが搭載されることによってスポーティーさやカジュアルさがいや増しています。そんなオイスターフレックスが、ヨットマスター42で搭載されました!
3列タイプはなくラバータイプのみですので、やはり従来のヨットマスターとは一線を画しているのでしょう。マットブラックセラミックベゼル同様、116655などでヨットマスター×ラバーのかっこよさは証明されてきました。
そのため、ホワイトゴールドの控えめな気品にも、思った通りマッチしていますね。   外装面の他にも、従来のヨットマスターに比べて随所がアップデートされています。例えばムーブメント。
近年ロレックススーパーコピーが開発を進める新世代ムーブメントCal.3200番台をご存知でしょうか。
70時間にも及ぶロングパワーリザーブや、「COSC(クロノメーター)相当」からその二倍へと飛躍した高精度、それらを実現する省エネ設計のクロナジーエスケープメントが搭載された新型名機です。
また、パラクロムヒゲゼンマイやパラフレックスショック・アブソーバなどを採用することによって、耐衝撃性や耐磁性を獲得しました。このムーブメントは2015年にデイデイト40で発表されて以来、続々と搭載が進められてきており、この度ヨットマスターにもメスが入れられました。
ちなみにヨットマスター40も外装などは大きく変わりませんが、新ムーブ・新型番で再登場しています。ヨットマスター42に搭載されるのはCal.3235
これは、デイトジャストやシードゥエラーなどにも使われています。見た目だけでなく、より高くなった実用性も楽しめる新作と言えるでしょう。 出展:https://www.rolex.com/ja 例年ロレックススーパーコピーの新作が出るたび気になるのが相場動向。
新作は入荷してしばらくは高値が続くものですが、ロレックススーパーコピーはその勢いがなかなか止まなかったり、多少安定しても定価を大きく上回っていたりといったことが珍しくありません。しかしながら気をつけたいのが、ヨットマスター42はゴールドモデルだということ。
現在世界的なスポーツモデルブームで、ステンレススティールモデルの方が高騰しやすい傾向にあります。
そのため、ロレックススーパーコピーのゴールドモデルの新品並行相場は定価をやや上回る程度で、ステンレスモデルより安く買えるものもある、といった貴金属市場を無視した逆転現象が起きているのです。さらに言うと、ゴールドモデルは中古であれば新品価格より数十万円安い場合があり、このことからもプレミアより「お得感」といった印象の方が強くなりますね。  とは言え、やはりヨットマスターの、他社のゴールドモデルにはあまり見られないスポーツとラグジュアリーの見事な融合は目を見張るものがあります。他のゴールドモデルとは一緒にできません。そのため、価格動向も一緒くたに考えることはできないでしょう。例えば、先ほどもご紹介した当シリーズ一番人気の116622の、発売が中止されたプラチナ文字盤は高値傾向という、生産終了ステンレス製ロレックススーパーコピーと同じような道筋をたどっています。また、オイスターフレックスが初めて搭載された、と前述した116655(今年からムーブメントが変わってRef.126655に型番チェンジ)も、需要の高いゴールドモデルのうちの一つです。 ※新型ヨットマスター40 126655 加えて、今回バーゼルワールドで発表された新作ヨットマスター42はホワイトゴールド製です。
「いかにも金無垢!」といった感じがありません。
また、42mmという大きめのサイズやオイスターフレックスがラグジュアリーよりスポーティーの方に寄ったスタイルとなっています。ビジネスシーンでも違和感なく使える(イエローゴールドなどはビジネス向けとしては嫌う方も多い)デザインを持っているので、ホワイトゴールド製デイトナ 116519LNのように高い人気を誇ると思われます。こういった数々の要素を鑑みると、ステンレスモデルと遜色ない高騰を遂げるかもしれません。なお、新作ヨットマスター42の予価は27,800米ドルと発表されています。
日本円にすると約295万円。国内入荷は例年通りですと、5月~6月頃となり、その際国内定価が発表されます。  バーゼルワールド2019で発表された新作ヨットマスター42、226659についてご紹介いたしました。
大きな派手さはないモデルですが、ヨットマスターの一モデルである、ということを考えると、これまでとは全く異なるテイストを感じられること。また、オイスターフレックスやマットなブラックセラミックベゼルなどが人気スポーツロレックススーパーコピーを彷彿とさせるかっこよさで、2019年新作の中でも非常に気になる存在と言えます。2019年のロレックススーパーコピー相場にどのような影響を与えるのでしょうか。
今年もロレックススーパーコピーから目が離せません! ロレックススーパーコピー ヨットマスター 商品一覧  現地から速報!バーゼルワールド2019新作情報!速報!バーゼルワールド2019 ロレックススーパーコピー新作モデルを発表!ロレックススーパーコピー ヨットマスターを持っているなら知っておかなければいけないことバーゼルワールド2019新作!ロレックススーパーコピー GMTマスターII 126710BLNRを徹底解説!バーゼルワールド2019新作!ロレックススーパーコピー シードゥエラー 126603を徹底解説!

ロレックス ヨットマスター116622は何処がプラチナなのか?

ロレックススーパーコピー ヨットマスターの一番人気Ref.116622。ステンレスとプラチナのコンビになりますが、何処にプラチナが使用されているのか分からないという方が多いです。そこで今回は116622のどこにプラチナが使われているかをご説明いたします。 目次ヨットマスター116622はブレスレットやケースはステンレススティールが使われています。では、どこにプラチナが使われているか? それはベゼルとダイヤルです。 116622をよく見ると、ベゼルだけ色味が若干違うことが分かるはずです。ただしプラチナベゼルといっても、全てがプラチナではありません。実はベゼルのフチはステンレススティールとなっています。尚、ブレスレットの真ん中のコマもプラチナだと思われている方がいますが、残念ながらプラチナではありません。 116622はベゼルだけでなく、ダイヤルにもプラチナが使用されています。ダイヤルをよく見ると独特の光沢感があることが分かると思います。 ただ、ブルーダイヤルだけはダイヤルにプラチナが使用されていません。プラチナダイヤルではないことから、他のバリエーションよりも価値が低いと思われる方もいますが、ブルーダイヤルの価値は低くなく、寧ろヨットマスターのコンセプトにピッタリ合う爽やかな雰囲気から人気を博し続けています。 白い光沢(銀色)を持つ金属として存在しているプラチナは、科学的に非常に安定している金属で「アレルギー発生率が低い」金属です。また、長年常用をしていても変色を起こしにく、錆びも発生しません。これらの優れた性質から、高級金属としての装飾品や時計に多く利用されています。ちなみにプラチナにはゴールドと同じく純度があり、Pt 900(プラチナ90% パラジウム10%)、Pt 950(プラチナ98% ルテニウム2%)、Pt1000(Pt1000は100%を意味するが実際の純度は99.9%。)の3種類が貴金属としては一般的に扱われています。ただ、pt1000は他の2つのプラチナよりも強度が低いため、時計素材としてはpt900もしくはpt950が使われることが多いです。 あらゆる金属において、とりわけプラチナは希少価値の高い金属として知られています。プラチナは1トンの原鉱石からたった3gしか取れない希少価値の高い金属です。南アフリカ共和国などの限られた地域でしか産出されず、ゴールドの1/30の量ほどしかありません。これだけでもプラチナが如何に貴重なモノであるかどうかが分かるはずです。また、プラチナはゴールドに比べ地金になるまでの時間が長いことでも知られています。ゴールドは約1週間で地金に加工することができますが、プラチナは約8週間ほど加工に時間がかかります。希少価値が高い金属である上に、膨大な手間と時間がかかる。そんなプラチナが使われた116622は実に贅沢なモデルなのです。 最後にこの記事の締めくくりとして、ヨットマスター116622のラインナップを紹介します。どのモデルも幅広い層から支持を受ける人気モデルなので、この機会に是非覚えておきましょう! プラチナならではの魅力を堪能できる116622シルバー。デザインに統一感があり、どなたでも使いやすい一本です。しかしながら、2016年にダークロジウムダイヤルが発売されると同時に製造終了。今は現行モデルのラインナップから外れています。とはいえ人気は未だに衰えておらず、シルバー文字盤を探している方は非常に多いです。 2012年に発売されたブルーダイアルを備えたヨットマスター116622。旧作に対しプラチナ製のベゼルが一新されており、120個もの刻みとトリゴナル・スプリングにより両方向へよりスムーズな回転が可能になりました。インデックスと針にはクロマライトを採用。長時間の発光が確保されています。 バーゼルワールド2016で発表された新色のヨットマスター 116622。ダークロジウムダイヤルを備え、トレンドのブルーを差し色に使用しています。ムーブメントにはクロノメーター認定のCal.3135を搭載。ブレスレットとクラスプに改良が加えられ、実用性と質感が向上しています。3色の中では最も人気のあるモデルです。 ■ロレックススーパーコピー ヨットマスター 商品一覧16622と116622の違いは?ロレックススーパーコピー ヨットマスター 比較ロレックススーパーコピー ヨットマスターを持っているなら知っておかなければいけないこと

デイトナ 116515LN 革ベルトVSラバーベルト徹底比較!

時計ファンの間で高い人気を博しているロレックススーパーコピー デイトナ 116515LN。革ベルトとラバーベルトの2種類存在するモデルですが、実はベルト以外にも違いが存在するのをご存知でしょうか?今回は意外と知らない116515LNの違いについて解説致します。ロレックススーパーコピーファンの方は是非ご一読くださいませ!  目次116515LNはデイトナのエバーローズゴールドモデルとして、2011年に発表されました。エバーローズゴールドが最大の特徴ですが、ベゼルに初めてセラミックベゼルが使われたモデルとしても有名です。  そんな116515LNですが、2017年に型番はそのままに革ベルトからラバーベルトにモデルチェンジを果たしています。文字盤のデザインやケースの大きさ、搭載ムーブメントはそのままに、ベルトだけが変更されました。 左:116515LN レザーベルト 右:116515LN ラバーベルトちなみにラバーベルトから革ベルトに変更したり、革ベルトからラバーベルトに変更することはできません。あくまでも型番が同じ別の時計として扱われます。実際に正規店でも116515LNはラバータイプしか用意されておらず、レザーベルトを購入したい場合は中古品で購入することになります。 2011年~2016年にかけて製造されたレザータイプの116515LN。そして、2017年~現在まで発売されているラバータイプの116515LN。基本的にはベルトの違いが両モデルの違いです。しかし、実は意外と知られていない違いがもう一つ隠されています。それはバックルの違いです。  革ベルトタイプのバックルは横から見ると穴が開いています。しかし、ラバーベルトタイプのバックルは横から見ても穴が開いていません。ラバーベルトタイプにはエクステンション機能が備えられているのです。ベルト幅の微調整できる仕様となっているため、利便性が増しています。  ブレスレットはコマを外すことでサイズの調整ができます。革ベルトはつく棒を通す穴を変えることで調整ができます。しかし116515LNはその調整ができません。革でもラバーでもバックルの微調整しかできないのです ラバーベルトの裏側を見ると「E-G」というアルファベットが記載されているのがご覧いただけるはずです。このアルファベットはラバーベルトのサイズを表しており、E-Gの長さ(75mm)のベルトが取り付けられていることを表しています。尚、サイズ展開はD.E.F.G.Hの5展開で、「E-●」の右側のアルファベットがサイズを表します。12時側と6時側にそれぞれ違う、もしくは同じ長さのベルトを取り付けることで、自分の腕回りサイズに合わせる仕組みです。 関連記事:オイスターフレックスベルトの特徴とサイズの種類 基本的には組み合わせ次第でユーザーの腕回りにピッタリ合うサイズに調整すること出来ますが、人によってはそれでも微妙に合わないことがあります。そんな時に使うのがエクステンション機能です。エクステンション機能は3段階の微調整が可能となっているため、最大5mm幅を増やすことができます。ベルトの組み合わせとエクステンション機能によりピッタリ合う長さに調整できるわけです。 こちらは2017年に登場したラバーベルトタイプの116515LN アイボリー。18金エバーローズゴールド製のケースに、モノブロック(一体構造)のブラックセラクロムベゼルを採用。上質なセラミックを使用することで耐蝕性、耐傷性に優れ、色褪せを防ぐことに成功しています。また、ベゼルの目盛りにピンクゴールドの微粒子層を蒸着し、PVD加工することで高い視認性を実現しました。 2011年に発表され、数々の時計雑誌の表紙を飾った116515LN。現在はラバーストラップモデルが主流となりましたが、高級感のあるレザーベルトタイプもやはり人気です。アラビアインデックスとセラミックベゼルの組み合わせはデイトナの中でもかなりレアであり、個性派の方から熱い支持を受けています。  ■GINZA RASIN  通販サイトメーカー独自の金(ゴールド)について~エバーローズゴールドなどロレックススーパーコピー ヨットマスター オイスターフレックスベルトの特徴とサイズの種類ロレックススーパーコピー デイトナ 大全集!ステンレス・ゴールド・コンビ・プラチナ・ダイヤなど

ロレックス デイトナ 116520のマイナーチェンジをまとめてみました

デイトナ 116520はロレックススーパーコピーの顔として2000年~2016年まで17年間にわたり製造されたロングセラーモデルです。製造終了した現在もその人気は留まることを知らず、2019年2月現在においてもプレミア価格で取引されています。また、116520は幾度もマイナーチェンジが施されたことから、年式によってそれぞれ違う個性を持ち合わせることも特徴です。初期型モデルと最終品番では多くの箇所が異なっており、同じ型番でありながらも、違う時計のように思えます。そこで今回は116520のマイナーチェンジについてまとめてみました!116520がどのように変化を遂げてきたのか順を追って説明していきますので、ロレックススーパーコピーファンの方は是非ご一読くださいませ。 目次最初にマイナーチェンジが施されたのは2002年のこと。ベゼルに配されたタキメーターの文字の太さが変わりました。左:2002年以前 右:2002年以降2002年以前に製造された個体(P番・K番・Y番)はタキメーターの文字が細い仕様となっていましたが、2002年以降に製造されたモデルは僅かながら文字が太く力強くなっています。 次にマイナーチェンジが施されたのは2年後の2004年。秒針・分針のデザインが太くなりました。左:2004年以前 右:2004年以降針の太さが見るからに太くなっており、スタイリッシュな印象が増しました。タキメーターの文字が細い方が好きという方は一定数いますが、針に関しては断然に太い方が支持を集めています。 2006年にはインナーサークルにルーレット刻印が施されました。この刻印に関しては116520だけではなく、ロレックススーパーコピー全てのモデルに適応されています。ルーレット刻印の有無は時計の価値を大きく左右させるポイントであり、基本的にはルーレット刻印有りの方が価値が高いです。  左:旧バックル 右:新バックル2012年には116520において最も重要な変化とされとされる「バックル」が変更となりました。新型バックルでは取り付け部分に上下の遊びがあるため、無理に力を入れる事なく簡単に開閉ができます。また、梨地(艶消し)加工のロゴが配されたことから、デザイン性も向上しました。 左:P品番~D品番 右:その他の個体これは余り知られていない変更点ですが、実は2010年に27と33の秒目盛りの長さが異なる個体が発売されました。主にブラック文字盤モデルのP品番~D品番に見受けられる特徴で、他の個体と比べて27と33の秒目盛りが長くなっています。なお、最終品番のランダムシリアルではこの特徴は見受けられませんので、正規のマイナーチェンジとは少々異なります。 2010年には遂に文字盤にマイナーチェンジが施されました。2010年以前のインダイヤルは若干黄色がかったメタルカラーですが、2010年以降のインダイヤルはくっきりとしたシルバーカラー。どちらが好きかは人それぞれですが、価格が高いのは新しいインダイヤルです。左:旧インダイヤル 右:新インダイヤルちなみにこのマイナーチェンジは黒文字盤のみに施されたため、ホワイト文字盤には見受けられません。 2011年頃から個体によってロレックススーパーコピーロゴの文字の太さが異なるモノが現れ始めます。非常に細かな違いですが、『ROLEX』と『COSMOGRAPH』の書体がやや太くなっている個体が確認されています。左:従来のロゴ 右:書体が太くなったロゴこのマイナーチェンジの特徴は完全に太文字に移行したわけではないこと。最新仕様のランダムシリアルでは「太めの書体」がやや多いですが、これまで通りの細いタイプのロゴが配された個体も存在します。また、この違いはブラック文字盤においては顕著に差が生まれていますが、ホワイト文字盤においては殆ど差がありません。個体差が大きいため、そこまで気にする必要はないとは思いますが、2種類の太さがあることは覚えておいてもよいでしょう。 2008年にバックルのマイナーチェンジが行われ、旧バックルよりも開閉がスムーズになった116520。2012年には更に使用感を向上させるためのマイナーチェンジが施されました。左:仕様変更前 右:仕様変更後今回マイナーチェンジが行われたのは「駒」の部分。6時側に外せる駒を2つにしたことによって、手首の細い方でも腕にジャストフィットする仕様に変更が加えられています。たかが駒1つ、されど駒1つ。細かなマイナーチェンジですが、実用性は大きく向上しています。 出典:https://www.rolex.com/ja/watches/cosmograph-daytona.html2000年~2013年にかけて、116520は116520は緑色に光る夜光塗料ルミノバが針・インデックスに配されていました。しかし、2013年以降はロレックススーパーコピーが独自に開発した青く光る「クロマライト」に夜光塗料が変更されています。クロマライト自体は既に他のモデルで採用されていましたが、遂に116520にも採用されることなり、ファンからさらに高い支持を獲得しました。※写真は116518LN 116520における最後のマイナーチェンジは2015年に施されたバックル中板の仕様変更です。これまでのバックル中板は梨地(艶消し)仕様でしたが、最新版では鏡面仕上げに変更されています。左:梨地(艶消し)仕様 右:鏡面仕上げマットな質感だったこれまでの中板と比べると、高級感が増しているように思えます。ただ、梨地も未だに人気があるため、どちらの仕様を選ぶかは好みの問題といってよいでしょう。 デイトナ人気を支えてきた116520は2000年~2016年の間に計10回にも及ぶマイナーチェンジを繰り返してきた珍しいモデルです。針の太さやルーレット刻印の有無、そしてバックルの違いなど、様々な箇所に年式による違いが見受けられます。基本的には年式の新しい個体の方が機能やデザイン性が向上していますが、好みや予算によっては年式の古い個体を選ぶのも全然アリです。116520を購入する予定がある方は、是非ご参考くださいませ。 ■ロレックススーパーコピー デイトナ 商品一覧  16520と116520の違いは?ロレックススーパーコピー デイトナ 比較ロレックススーパーコピー デイトナ新旧徹底比較!116520と116500LNの違いは?ロレックススーパーコピー 歴代デイトナのスペックを比較してみましたロレックススーパーコピー デイトナ 大全集!ステンレス・ゴールド・コンビ・プラチナ・ダイヤなど

バーゼルワールド目前!GMTマスターII 116710LNと116710BLNRのディスコンはあるのか?

2019年3月21日から26日まで6日間をかけて開催される「バーゼルワールド」。イベントを目前に控え、業界内は徐々に熱気を帯びてきています。とりわけ注目が集まっているのは、やはりロレックススーパーコピーの新作。2016年には「116500LN」、2017年には「赤シード 126600」、2018年にはGMTマスターの新作が会場を賑わせましたが、今年の顔はどのモデルとなるのでしょうか?今回はバーゼルワールドを直前に控えた今だからこそ触れておきたいGMTマスターII「116710LN」と「116710BLNR」を話題に挙げたいと思います。どちらのモデルもディスコンが予想されており、新作が発表される可能性が高いです。 目次昨年から「116710LN」と「116710BLNR」がディスコンになるという噂が広まっています。そのソースはロレックススーパーコピーの2019年カタログです。「116710LN」と「116710BLNR」は公式WEBサイトではまだ健在でしたが、カタログには両モデルとも姿を消しています。もし製造が続けられるのであればカタログから除外される可能性は低いですし、2018年に赤青ベゼルの新作「126710BLRO」が発売されたことを考えると、黒ベゼル及び青黒ベゼルの新作が発表される可能性は高いといえます。完全にディスコンになるにしろ、新作が発表されるにしろ、「116710LN」と「116710BLNR」はおそらく2019年のバーゼルワールドにて歴史に終止符を打つのではないでしょうか?  廃盤となる可能性が高い「116710LN」と「116710BLNR」ですが、それに代わる新作が発表されるのではないか?という予想が業界内では盛んになっています。特に126710BLROに搭載されたcal.3285を採用したブラック文字盤モデル「126710LN」、そしてcal.3285を搭載し、赤青ベゼルモデルと同じくジュビリーブレスを備えた「126710BLNR」の発表を予想する専門家は非常に多く、その信憑性はかなり高いモノであると私も感じています。 バーゼル2019新作予想 126710LN (Cal.3285搭載・オイスターブレス) バーゼル2019新作予想 126710BLNR (Cal.3285搭載・ジュビリーブレス)ブラック文字盤が完全に廃盤になるのは考えにくいですし、赤青ベゼルに最新ムーブ・ジュビリーブレスが存在するのであれば、青黒ベゼルも同様のモデルが発売されるべきです。ただ、いずれのモデルも大幅なデザイン変更は加えられず、搭載ムーブメントとブレスレットの変更程度に留まると予想します。 尚、「GMTマスターII Cal.3285搭載 赤黒ベゼル」の発表もあるではないかと予想されます。【バーゼルワールド2019 登場予想】GMTマスターII 新世代Cal.3285搭載 赤黒ベゼルもし116710BLNRが廃盤になった場合は、赤黒ベゼルの復活もあり得ない話ではないと思います。赤黒ベゼルは通称コークとも呼ばれ、1982年にに登場しました。2007年に116710LN/116710BLNRの登場とともに惜しまれながらも廃盤となったため、現行にはないカラーです。未だに16760/16710といった5桁リファレンスの赤黒ベゼルの人気は高く、時計ファンから復活を待望する声が大きいことから、2019年バーゼルワールドで復活することも考えられます。 外観のデザインは保持しつつも、搭載ムーブの変更によって実用性が高まった新作GMT。それが2019年バーゼルワールドに発表されるのではないでしょうか?2年連続でGMTマスターが推しモデルになってしまうことで斬新さは失われますが、「116710LN」と「116710BLNR」の新作を出すタイミングとしては今が最適なのは間違いないです。もし廃盤になるのであれば、その直後に価格が急騰する可能性が高いです。既にここ数週間で特に116710BLNRは値上がりを始めており、価格高騰を見据えて購入しているファンが多くいると思われます。 新作モデルが発表される前に、搭載が予想されるCal.3285についておさらいしておきましょう出典:https://www.rolex.com/jaGMTマスターII 「Ref.126710BLRO」で採用されている新ムーブメントCal.3285は、従来の機械より精度や耐久性、メンテナンス効率が向上していることはもちろん、パワーリザーブの仕様変更が話題を生みました。Cal.3186では約48時間だったパワーリザーブがCal.3285では約70時間に延長。ロレックススーパーコピーが「新世代」と自負するムーブメントだけあり、実用性が大幅に向上しました。また、パラクロムヒゲゼンマイやパラフレックスショック・アブソーバ等、最先端の素材や新設計を用いることによって、正確性だけでなく耐衝撃性に耐磁性、15%ものエネルギー効率がアップしています。 116710LNと116710BLNRは既にカタログ落ちしており、2019年バーゼルワールドで発表される新作と入れ替わりに廃盤になる可能性が高いです。そして、おそらく新作として発表されるのはal.3285を搭載した新ブラックベゼルモデルと青黒ベゼルモデル。もしかしたら赤黒ベゼルモデルを合わせた3色が展開されることも無きにしも非ずです。今はまだ予想に過ぎませんが、その答えはあと一カ月余りで出ます。当店では2019年バーゼルワールドの新作モデルを現地からリアルタイムでお届けいたしますので、是非その答えをご確認ください。 ■現地から速報!バーゼルワールド2019新作情報! バーゼルワールド2019 ロレックススーパーコピーの新作を大胆予想!バーゼルワールド2019 今年は現地からリアルタイムでレポートします!■速報SIHH2019新作情報

バーゼルワールド2019 ロレックスの新作はミルガウス?

いよいよバーゼルワールドが目前に迫り、時計界でも様々な情報が飛び交い始めました。とりわけ関心を持たれているのは、やはりロレックススーパーコピーの新作です。廃盤が囁かれている116710LNと116710BLNRの新作が発表されると予想する専門家が多いですが、今年の顔は「ミルガウス」ではないかという意見も次第に強くなってきています。 目次なぜミルガウスの新作が発表される可能性が高いと言われるには確かな根拠があります。それは最近ロレックススーパーコピーがInstagramアカウント上で何度もミルガウスに関する投稿を行っている点です。ROLEX (@rolex) • Instagram photos and videos近年のロレックススーパーコピーはバーゼルワールドを直前に控えた時期になると、SNSで頻繁に新作として発表されるモデルの投稿を行う傾向があります。「赤シード 126600」が発表された一昨年のバーゼルワールド直前にはシードゥエラーの投稿が増え、GMTマスターの年となった昨年においても、やはりGMTマスターの投稿が増えました。これを踏まえると、急にミルガウスに関する投稿が増えた今年はミルガウスの新作が発表される可能性が高いと考えることは自然です。 現行のミルガウスはどれも個性的なモデルばかりで、王道的なデザインのモノはありません。おそらく、新作として発売されるモデルは万人受けするデザインのミルガウスが登場すると思います。 出典:http://rolexpassionreport.com/25534/rolex-2018-basel-world-novelties/新作予想:回転ベゼル搭載 ブラック文字盤ミルガウスとりわけ業界内において噂されているのは回転ベゼルを搭載したミルガウスです。ミルガウスは1950年代後半に誕生した歴史のあるモデルであり、実は回転ベゼルを搭載したモデルも過去には存在していました。2007年に復活を果たした後は、ポリッシュベゼルのみがラインナップされてきましたが、そろそろ回転ベゼル復刻させてくるのではと考えられています。回転ベゼルありとなしでは、大きく印象が異なるため、新作としてのインパクトも大です。 また、回転ベゼルが装着される場合は、近年の主流であるセラミックベゼルが採用される可能性が高いと思います。文字盤はスタイリッシュなブラック。秒針は先端の赤い白い稲妻針。そして、ヴィンテージミルガウスを彷彿とさせる赤いロゴ印字。想像しただけでもカッコよいと思いませんか? さて、もし新作ミルガウスが発売されるとすれば、現行ミルガウスはどうなるのでしょうか?おそらく現行モデルはそのまま据え置きになると思います。左:116400GV ブラックダイヤル 右:116400GV  Zブルーダイヤルそもそも現行のミルガウスは「116400GV ブラックダイヤル」と「116400GV  Zブルーダイヤル」の2モデルしかないため、現行終了となる可能性は低いです。この2モデルに新作を加えたものが2019年のミルガウスラインナップになるはずです。 新作発表の可能性が高いと噂されているミルガウス。Instagramでの頻繁な投稿、2019年に入ってから116400GVの両モデルが高騰し始めていることから、その信憑性は高そうです。これまで地味な印象が否めなかったミルガウスですが、この新作によって一躍定番人気モデルの仲間入りを果たす気がします。いずれにせよ、あと一カ月余りでその答えはでます。当店では2019年バーゼルワールドの新作モデルを現地からリアルタイムでお届けいたしますので、是非その答えをご確認ください。 ■現地から速報!バーゼルワールド2019新作情報! バーゼルワールド2019 ロレックススーパーコピーの新作を大胆予想!バーゼルワールド2019 今年は現地からリアルタイムでレポートします!■速報SIHH2019新作情報